キャリアコンサルタント

今日は夢を語ろうか「キャリアコンサルタントになりたい」

「ついにアイツ、とち狂ってしまった」感の否めないタイトルですが、記事をクリックしてくださりありがとうございます。

 

今わたしは、「キャリアコンサルタント」という国家資格を取得するため、スクーリングで学び、10月末の筆記試験・11月に行われる面談、論述試験に向けて勉強をしています。

まさお
まさお

?!ライター業や編集業は?

講師業はどうなっているの?

えええ?!キャリアコンサルタント?

と思われる方もいると思うので、今回は

 

カツオ、インスタグラマーになる

波平、かわいいマスクで出勤

たらちゃん「キャリアコンサルタントになるですぅ」

の3本立てでお送りします。(今日は真面目に記事を書こうと思ったのに、初っ端からふざけてしまった…)

今の仕事とこれからの仕事

今はライター業、編集業、プロジェクトチームでのPR案件や制作、講師業など「書くこと」を主体にお仕事をしています。昨年には法人化し、スタッフも2名増え、お仕事も割と順調な方だと思います。

 

もちろんこれからも上記のお仕事は続けていきますし、文章を考えたり編集するのは大好きです。チームでのお仕事は単純に楽しいです。

 

ただ、それとは別にやりたいこと、成功するかどうかなんて分からないけれど、成功するまで諦めずにチャレンジしたいと思えるものに出会えたので、今はそちらにも力を入れています。

 

例えば、デザイナーが突然漁師になりたいと言い出したら、中には「もったいない」とか「本業に集中しろよ」「夢ばっか追うなよ」「失敗したらどうするの?」と思う方もいるでしょう。

 

しかしわたしはそういった方を見ると「いいぞ!どんどんやっちゃえ!」と思ってしまいます。つまり、そういうことです(適当)

 

キャリアコンサルタントとは

これはいつか記事にしたいな〜と思っているのですが、キャリアコンサルタントというのは2016年に国家資格となったキャリア支援のプロフェッショナルです。

 

勉強内容は

  • カウンセリング理論
  • キャリアカウンセリング理論
  • 社会情勢
  • 労働法や雇用について
  • キャリア教育について
  • メンタルヘルスやアセスメント

など。

 

セカンドキャリアに悩む人の支援から、大学などの就職支援、小中高校のキャリア教育、企業内キャリアコンサルなど、仕事は多岐に及びます。偉そうに書いているけれど、まだ勉強を始めたばかりなので、実はあまりよくわかっていません。

 

こういった分野とはまるで接点のない生活をしていたので、スクーリング授業でのロールプレイでは、傍目に見ても可哀想なくらいアワアワしていると思います。

 

このまま今の仕事を主体に大人しく活動していた方が無難だし、収益も伸ばせると思うのですが、それでもあたらしい世界に飛び込んでみたいと思ったのにはこんな理由があります。

キャリアコンサルタントの勉強を始めたきっかけ

キャリアコンサルタントの資格を知ったのは約2年前。学生さん達と関わる中で、こういう子達の将来のキャリア、進路に携わるお仕事がしてみたいなと漠然とした考えがあり、調べた結果、出会ったのがこの資格でした。

 

非常勤で働いていると、非常勤という立場からかけっこうフランクに相談されることがあるんですよね。「お母さんは〇〇大学がいいっていうけれど、自分はそうは思わない」とか「こういう夢があるんだけど、自分にできる気がしない〜」などなど

 

わたしは基本的に頼りないと思われがちなので(白目)、誰かから相談されることって少ない人生を歩んできたと思います。なので相談されるのは単純に嬉しいです。

 

大人なのでしっかり答えてあげたい!(あわよくば尊敬されたい)と思うものの、気の利いた言葉も出てきませんし、何をいってあげたらいいのか分からず、いつもただ聞いているだけでした。しかし、帰宅してから(あの子の夢を叶えるには、どういった道があるのだろう?)と検索したり、(本当にいい大学を出ることだけが幸せな人生を送る秘訣なのだろうか?)と自己啓発本を読んだり。

 

何か答えを用意して、次回会ったときには、さも最初から知っていたかのように得た知識をお披露目していました。なんて狡(こす)い奴なのだろう。

 

もう一つのきっかけは、少し話は逸れてしまうのですが、2019年より終活メディアに携わらせていただき、そこで「終活」について深く考える機会があったことです。

 

わたしが終活で一番興味を持ったのは、「終活は終わりに向けての活動という意味だけではなく、これまでの人生を振り返って、これからの人生、最期までどのように生きていきたいか、自分を見つめ直す契機となるもの」という一文です。

 

これからどう生きていきたい?と考えたときに、私が一番に思ったことは「これからの人生どのような働き方をして家族と向き合っていきたいか」でした。

 

ふと思い返すと、書店でつい手に取る書籍はキャリア関連が多く、子供に買い与える本も「これからの仕事」「なぜ僕らは働くのか」「仕事図鑑」といった書籍が圧倒的に多いことに気づきます。そこから

 

  • 人のキャリアに携わる仕事がしてみたい!
  • どんどん変わっていく時代、子供のキャリア教育に携わってみたい!

 

と考えるようになりました。

自分の現状について、発信をためらっていた理由

今の事業で軌道に乗っているのだから、何も新しいことに目を向けなくてもとか

主婦のくせにガッツガツしてんなとか

夢ばかり見て怖い

 

と言われるのが怖かったのだと思います。

 

確か、このブログを始めた2016年にも同じようなことで悩んでいました。でも発信したことで仲間ができ、同じ仲間がいるコミュニティーに飛び込んだことで新たな目標ができ、夢を叶えるためには行動するしかないことを知りました。

 

しんみりと「あのとき思い描いていた夢が叶ったなぁ」と思えるまでに約4年かかりました。

 

次の夢は、いったい何年かかるのでしょうか。

本来であればこういうブログは書かない方がいい(らしい)

今年の10月末に筆記試験、11月に面談・論述の試験があり、両方合格すれば晴れてキャリアコンサルタントの資格を取得できます。

 

何年に取得したというのは人様に伝えなくても良い情報ですし、発信することがマイナスに働く場合があります。というのも、1年前に資格を取得した人と数年前に取得したカウンセリング経験が豊富な人であればやはり後者の方が有利だからです。

 

上記の理由から、何年取得という情報を明かさない人も多いようです。

 

なのでわたしも真似して(笑)こっそり取得して、「実は結構前から資格持ってたし、実は経験豊富だし」みたいな顔して、鼻を膨らませて集客しようと企んでいましたが、やめました。きっと、すぐバレるし顔がニヤけてしまう・笑

 

わたしは今、今までとは全く別の、畑違いの分野を勉強しています。

労働法から、カウンセリング理論、キャリア教育、メンタルヘルスまで、さすが国家資格だな…と目眩がするほどガッツリ学習していますし、スクーリングでは珍発言をすることもあります。まだまだ知らないことも多いです。

 

わたしの頑張り次第では、今年の年末にはキャリアコンサルタントの資格保有者です。落ちたら、合格するまで頑張ります。

 

現段階ではスタート地点にすら立っていません。

 

ですが、2016年、3人の子育てに追われ(まじ人生詰んだな)とボヤいてた主婦が、はじめてブログを運営した日から、学校で先生をするという夢が叶いました。書くことを生業としたいと思い続けていたら、法人化できるまで収益を伸ばすことができました。

 

夢は声に出せば叶う気がしてなりません。

 

次の夢は、今の事業と並行しつつ、キャリアに悩む子供たちやその親の支援をするサービスを立ち上げたりキャリア教育の授業をしたり、子供たちが主体的に、将来について考えられるような商品開発もしてみたいです。

 

ありがたいことに、お世話になっている高校からは「もしキャリアコンサルタントの資格が取れたら、一度授業してよ」と言われているので、こちらの夢はうまくいけば早々に叶う気がしています。社交辞令ではありませんように…

 

あと、密かな夢として、終活を若い層に広めたいなと思っています。

 

お墓や葬儀について考える中高年が主役の終活ではなく、どう生きたいかから働き方を考えられるよう、終活とキャリアをミックスさせたようなサービスやサポートもしたいです。

 

「2016年に、思い切って自分がやりたいことをやってよかった」と、今心から思えるように、今から始めることも数年後「思い切ってやってよかった、チャレンジしてよかった」と思えたら素敵だなと思います。

 

やりたいこと、チャレンジしたいことがたくさんありすぎるので、きっと失敗もするでしょう。ですが、持ち前の諦めの悪さとポジティブさと行動力で、次の夢も叶えたいと思います。

 

おっしまーい^^

ABOUT ME
のりこ
ライターのお役立ち情報、主婦に役立つ情報、キャリア、キャリアコンサルタントの情報を発信しています! お腹が減ると、ちょっと不機嫌になります!
起業したい!在宅で働きたい!