プロフィール

”高桑のりこ”のプロフィール

編集長/ライター/高校で非常勤講師/国家資格キャリアコンサルタント(勉強中)/終活ガイド上級資格者

2020年 ”株式会社みらいきって”設立

「結構異色の経歴だね」と言われるのですが、起業に至った経緯から会社設立、今後についてまでお話させていただきます。興味のない方はスルーしてください。泣き崩れます(嘘です!笑)

「マジ人生詰んだわ」と思っていた31歳

わたしには当時、小学1年生・3歳・1歳の娘がいました(現在中学2年生、小学5年生、小学2年生へとスクスク成長中)。24歳で長女を産んでから約7年。「この子育ては、いったいいつまで続くのだ…」と思い始めていたと同時に、もともと働くことが大好きだったわたしは、下の子2人を保育園に預けて働こうと決意しました。

 

しかし、見事に保活失敗。育休をとっていたわけでも、夫の収入がめちゃくちゃ低いわけでもない、職場も保育園に入れたら探そうと思っていたわたしは案の定、どこの保育園にも入れませんでした。

 

それとほぼ同時期に、次女の吃音が発覚します。

保活なんてしてる場合じゃないだろ!もっと子供をちゃんとケアしてあげないと!

という思いから、外へ出て働くことは断念しました。

 

しかし、元来働くことが生き甲斐だったわたしは、それからモヤモヤした日々を過ごすことになります。自分で何かを作り出したり、アイディアを出したり、新しいことにチャレンジしたいのに、1日を振り返ったときに思い出すのは公園、お買い物、料理、洗濯、掃除…同じような毎日と、外で働けないんだという絶望感で「結婚したら、子供が生まれたら、自分らしく働くことはできないのか」とネガティブ街道まっしぐらでした。

 

当時は「家で働く」という選択肢があることすら知らなかったので

「マジで人生詰んだな」と思っていました。

光が見え始めた32歳

わたしの心が透けて見えるのか!と勘違いしてしまいそうなほど絶妙なタイミングで、以前勤めていた職場から「CADで図面を書いてほしいんだけど、家でできる?」と電話が入ります。

 

OL時代は建設会社の事務員をしていたのですが、高卒で働きはじめた私は「なめられてはいけない!」と負けず嫌いを発揮し、男性に混じり、建築なんて全く興味もないくせに(笑)休日開催された「CAD勉強会」に皆勤賞で参加していたのです。

 

それからは家で育児の合間に図面を書く仕事をしていました。育児の合間に時間を見つけて図面を作るのは大変でしたが、誰かの役に立っている、社会の一員になれる感じがうれしくて、改めて(わたしは仕事をするのが好きなんだ)と思うようになりました。

 

そんなことを当時友人に話していたら、雑誌の編集部で働いていた彼女から。

「実は今、おもしろい育児コラムを書いてくれる人を探してるんだよね。mixiの投稿、いつも面白いし、ちょっと書いてみない?ちゃんとお給料として報酬もお支払いするよ」と降って湧いたような話が。

 

ここから、本格的に在宅で仕事をするようになりました。ちなみに次女の吃音はこの頃には落ち着いていました。

ブログ運営をスタート

家で仕事をするようになり、今ご覧いただいているこのブログをスタートしました。当時ブログがブームだったことと、あわよくば、お小遣い稼ぎできるんじゃ…という邪(よこしま)な気持ちもありましたが、自分で何か生み出したい。事業を作ってみたいという気持ちもありました。

 

とにかく日々更新し、発信し、勉強会に参加し「まだ何かできることがあるんじゃないか?自分にできることは何だろう?」と模索する日々。

 

継続力には自信があり頑固な性格なので、周りから何を言われようが淡々と続けていたら

  • 「文章面白いね。ここのメディアで書いてくれない?」というライター案件
  • SNSでの発信おもしろいから、PR案件やってみませんか?という企業案件
  • 高校で非常勤の講師をしてくれませんか? 東京でライターゼミを開催しているのですが、講師として参加しませんか?という、講師業へのお誘い
  • メディアの編集長をお願いしたいという編集業のお誘い
  • 動画プロモーションのプロジェクトチームに脚本担当として参加してほしいというチーム仕事へのお誘い

など、さまざまなところからお声がかかるようになりました。

 

続きは後日!